blank
  1. TOP
  2. 地域活動・CSR活動

地域活動・CSR活動をご案内します

CSR活動


環境ISO 14001

近年、各事業に於いては環境問題に対する取り組みが一段を重要視され、循環型社会形成の構築と相まって「限りある資源の有効利用」が強く求められるようになってきました。

弊社は「環境ISO 14001」の認証取得を機会にこれからも再資源化事業所としての役割を担いながら、環境に配慮した取り組みを行ってまいります。

SDGs

弊社は環境リサイクルを通じて、幸せで持続可能な地域社会を目指します。

2021年6月1日
千葉オイレッシュ株式会社

企業はこれまで、消費者のため、地域社会のため、そして生活環境の維持のために求められる製品やサービスを提供してきました。しかし、昨今の少子高齢化による人材不足や消費者ニーズの多様化等により、売り上げ拡大や事業承継等多くの課題を抱えるようになりました。
そこで、企業が将来にわたって継続し、より発展していくために必要となるのが長期的な視点で社会のニーズを重視した経営と事業展開です。これからは、経営リスクを回避すると共に、新たなビジネスチャンスを獲得して持続可能を追求するためのツールとしてSDGsの活用が必要となってまいりました。
弊社は「幸せで持続可能な地域社会を目指す」ことを達成するため以下4つのゴールを定め事業価値の創出や社会貢献活動に取り込みます。

  1. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

    廃棄物を利用して再生燃料の製造及び販売を積極的に推し進め、安価で信頼できるエネルギーサービスを確立します。
    弊社目標:リサイクル燃料の製造・販売の拡充。

  2. 働きがいも経済成長も

    経(道理、商道、不変、徳に繋がる)営(技術、商法、応変、益に繋がる)を理解して                        「財務内容を充実すること」で働き甲斐に結び付け、社員の幸せ感を共有しながら発展します。                                  弊社目標:人を大切にする経営と推進

     

  3. 産業と技術革新の基盤を作ろう

    長年培ったリサイクル技術を生かして更なる低炭素社会の実現に取り組み、地球環境の改善に貢献します。
    弊社目標:更なるリサイクル技術の開発・推進

  4. 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

    優しい地球環境を実現するために今まで以上に廃棄物を資源として活用、持続可能な生産と消費を推進します。
    弊社目標:取引先企業へのリサイクル推進・働きかけ

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

受賞歴

年月日 内容
2019年02月20日 働き方改革KAIKA賞 受賞
2018年12月25日 「地域未来牽引企業」に選定されました。
2018年02月23日 第10回経営者「環境力」大賞を受賞
2018年02月13日 地域防災千葉県知事表彰 受賞
2017年11月27日 木更津税務署より『優良申告法人』として表形状を受賞
2016年03月10日 第21回千葉元気印企業大賞の受賞
2014年03月20日 第4回「日本でいちばん大切にしたい会社」審査委員会特別賞の受賞
2012年06月07日 財団法人全日本交通安全協会より交通栄誉緑十字銅章の表彰
2012年01月27日 社団法人千葉県安全運転管理協会より「セーフティドライバーズちば2011運動」において、123日間無事故無違反を達成し表彰
2012年01月08日 君津市長君津消防より感謝状の表彰
2011年10月29日 創立30周年記念式典祝賀会開催
2010年11月16日 経営革新優秀企業表彰受賞 千葉県知事
2010年02月10日 総務省消防庁長官より「消防庁消防団協力事業所表示証」の交付を受ける
2009年11月21日 千葉県主催のシンポジウムにて事例発表
1988年03月17日 再資源化貢献企業(通産省関連)として㈶クリーン・ジャパン・センター会長賞 受賞

地域活動


PAGETOP